本文へスキップ

内田クリニックは画像検査(CT・MRI)を専門とするクリニックです。

TEL. 072-625-7488

〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘3−6 山本ビル

クリニック概要CLINIC

院長メッセージ

CEO

 近年の画像診断の発達は目覚ましく、臨床診断には必須のものとなっています。当クリニックが開院しました平成7年時には画像診断がまだまだ病院中心のものでしたがそれを地域においても可能にしようと思い今日に至っております。開院以来、地域における画像診断のクリニックとして高品質の医用画像と専門医による的確なレポートを心がけてまいりました。  現在、当クリニックでは先端医療機器である1.5テスラMR装置や、64列マルチディテクターCT装置を導入しております。
 高磁場MR装置では組織コントラストの良い高品質の画像、3D撮影によるMRアンギオグラフィーやMRCPを、64列MDCTにおいては低被曝で高精度な3D検査やより迅速な検査が可能となりました。
 今後もより早く、より確かな画像診断を目指し、地域医療に貢献できるよう心がけていく所存です。  

院長 内田 英一  

概要

クリニック名
内田クリニック
院長
内田 英一
所在地
〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘3−6 山本ビル1・2階
→アクセス
TEL. 072-625-7488
FAX. 072-625-7458
設立
1995年05月
診療科
内科・放射線科 (両診療科ともに完全予約制)
従業員数
正職員12名、パート2名 (2018年11月現在)

沿革

1995年05月
茨木市美穂ヶ丘にて地域の画像診断クリニックとして内田クリニック開院
1996年05月
要望の高まりによりMRI(1.0T)を 追加設置し、MRIが2台体制となる
2003年04月
16列MDCT装置(Light Speed Ultra16)を導入(リプレイス)
2005年08月
大阪大学医学部附属病院とのVPN通信による医療連携研究開始
2006年04月
MRI装置を1.0Tから1.5T(SIGNA HDe)へ
2006年05月
MRI装置(2台目)を1.0Tから1.5T(SIGNA Excite HD)へ
2007年06月
治験(MRI画像検査部門)受託開始
2010年03月
医療法人友紘会 彩都友紘会病院とのVPNによる医療連携(検査画像)開始
2013年11月
大阪大学医学部附属病院とのVPNによる医療連携(検査画像)本格始動
2016年08月
16列MDCT装置から64列MDCT装置(OptimaCT660pro Advance)へ
2016年09月
X線透視装置(TV装置)廃棄に伴いUGIなどの透視検査の受託終了
2016年11月
MRI装置(SIGNA HDe)をアップグレード(SIGNA EXPLORER 1.5T)

バナースペース

内田クリニック

〒567-0047
大阪府茨木市美穂ヶ丘3−6
山本ビル1・2階

TEL 072-625-7488
FAX 072-625-7458